ボリンジャーバンド2シ( ̄(エ) ̄)

%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%a0


トランプ氏の大統領選挙勝利で2016年11月現在、かなりトレードが難しい状況になっている感じがします。

これまでの記事で何度か、『わからない時はトレードしないのが一番』と言ってきてるので、しばらくトレードは休みましょう( ̄(エ) ̄)y-゚゚゚

・・・ じゃあ記事にならないので、今回はボリンジャーバンドの2σを使った方法をちょびっと掲載します。

 ボリンジャーバンドの±2σを利用する

ボリンジャーバンドのだいたいの説明は、以前こちらの記事でしています。

⇒ http://wmbear.com/?p=3102 ボリンジャーバンドってな~に?

 

 ±2σに沿う動き

サポートライン、レジスタンスライン、移動平均線が一見機能しているのかしていないのか、わかりづらい相場というものがあると思いますが、そういう時は、ボリンジャーバンドの±2σを表示してみると、わかりやすくなる場合があります。

20161114audjpy4o%e3%83%9c%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bcクリックで拡大

↑のように結構±2σに沿って動くようなケースが多々あります。

ただボリンジャーバンドだけを見て、逆張りエントリーをするのは難しい・・・と言うか危険です。

そのままバンドが拡大して、値が戻らないで行ってしまうケースもあるので。

 

 ±2シ( ̄(エ) ̄)の利用法

よく±2σを利食いの目安にしている人が居ます。

±2σに値がタッチした瞬間に決済してしまう方法です。

くま的にもレンジ相場であれば、かなり有力な方法だと思います。

 

ただ折角これだけ±2σに沿うような動きをしているので、それだけに利用するのは勿体無いですね。

じゃあどうするかなんですが・・・

20161114audjpy4o%e3%83%9c%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%ef%bc%92クリックで拡大

ラインだけではわかりづらい。

バンドだけでもわかりづらい。

となれば、『両方使っちゃえば良いんじゃない( ̄(エ) ̄)y-゚゚゚ 』

というのがくま的考え方です。

 

要するにラインとバンドが両方機能するようなポイントが、エントリーのタイミングになるんじゃないか・・・ということです。

しかしそれだけではまだ勝率が心もとないので、バンドタッチ後にヒゲを引いて反転するかどうかを見ます。

画像で言うと、青丸のような部分です。

 

バンドタッチ後のヒゲが出るかは、かなりの重要ポイントで、ヒゲを引くようなら反転、実線でバンドを抜くようなら、そのまま反転しないで行ってしまう確率が高いです。

 くま的エントリー方法まとめ

1.ラインとバンドが機能するようなポイントを見つける。

2.バンドにタッチした後に、その足がヒゲを引いて反転するかを見る。

3.ヒゲを引いて反転したらエントリー。 実線でバンドを突き抜いたらスルー。

 

くま的ボリンジャーバンド2σを使ってのエントリー方法は、ザックリこんな感じですが、あとは自分なりに工夫するなりして、試してみてはいかがでしょうか。

あと損切りですが、±3にするなり(こっちはちょっと危険かな)、ラインをある程度突き抜いてしまった場合にするなりで良いと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ