真逆の結果

%e3%81%9d%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%81%8b


イギリスのユーロ離脱も「そっちか!」と思った人が多いと思いますが、アメリカ大統領がトランプ氏になるのも、大多数の人が「そっちか!」と思ったのではないでしょうか。

ここで「私は予想していた!」・・・なんてことを言うつもりはもちろん無く、完全に私も予想外でしたw

本当にビックリです!Σ( ̄(エ) ̄;)

 

 選挙の真逆と市場の真逆

さてさて、アメリカ大統領選挙の結果はビックリだったのですが、市場の動向もビックリだったら大損してしまうのでしょうが、当記事は投資記事です。

当然そんなことにはなっていません( ̄(エ) ̄)y-゚゚゚

まあ、選挙の時間帯が完全に仕事中だったということもあり、特に大きく利益を上げたということもないのですが・・・。

 

で・・・肝心の選挙当日(2016年11月9日)、市場は事前にどう言われていたのか、実際にどう動いたか、そして今後どう動くのか、これらをまとめ、活かすのが非常に重要なわけです。 まあ当たり前か( ̄(エ) ̄)

 

 事前に言われていたことと結果

ちょっと思い出してみてください。

選挙前にはこう言われていたと思います。

トランプ氏が選挙に勝利するなら円高になる」

財務大臣の麻生氏もわざわざマスコミに「円高になるなら対応する」みたいなことを言ってましたよね。

そして実際にトランプ氏が勝利し、どうなったかと言うと

usdjpy20161110dクリックで拡大

確かに一時的には全面的に円高方面に大きく向かいましたが

ドル円円高になるどころか、むしろ円安に向かいそうな感じです。

eurjpy20161110dクリックで拡大

ユーロ円なんかは、大統領選挙があったことを考えなければ、レジスタンスラインに弾かれた普通のレンジパターンです。

2016年11月のトレード戦略記事 ⇒ http://wmbear.com/?p=3818

で記述しているユーロ円の戦略記事通りに実行していたら、そこそこの利益をあげられた・・・くらいの感じじゃないでしょうか。

見てわかる通り、事前に言われていたことなど全く当てになりません。

むしろ逆を行くパターンがかなり多いです。

 結局のところ

こういう大変動が考えられるイベントは、当日よりもその後が肝心です。

イベントで結果が出たことにより、上か下か、少なくとも一つの方向性が近いうちに決まります。

その方向性に乗れば良いわけです。

 

相場初心者ほど、『大変動イベント当日で一発儲けよう』なんて考えてしまうんですが、それはなかなか難しいです。

eurjpy201611101oクリックで拡大

このように当日乱高下する相場を的確に捉えて利益をあげるのは、熟練した投資家でも至難です。

それよりも、その後の確定した方向性に従ってトレードした方が、より確率が高く、リスクも少なく、大きな利益もあげることができます。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ