レンジ相場のエントリー方法詳細 くま的エントリー方法Ⅲ

レンジ相場


レンジ相場でのくま的エントリー方法を詳細に記述した記事です。

 

くま的エントリー方法Ⅰの記事はこちら

⇒ http://wmbear.com/?p=3579

 

くま的エントリー方法Ⅱの記事はこちら

⇒ http://wmbear.com/?p=3589

 

 レンジ相場 くま的3つのエントリー方法 その3

くま的エントリー方法は、テクニカル的なインディケータを使わず、チャートの形状を見てエントリーするのが基本です。

過去私は、レンジ相場では、3つのエントリー方法を試してきました。

どの方法にも長所短所があり、人によって合う合わないがあるので、とりあえず参考にしてみてください。

今回は3つ目です。

 

 くま的レンジ相場のエントリー方法Ⅲ

ライン到達後、反転方向への足が2個続いた時にエントリーする方法

レンジ詳細反転2本

意味合いとしては2番目の方法と同じで、2本足が確定することにより、ある程度反転する事を見極めた上でエントリーする方法です。

 

メリットとしては、反転を見極めてからということで、勝率が高くなります。

2番目の方法と違うところを挙げると、2本足確定でのエントリーなので、タイミングはより明確になります。

損切りの位置も、エントリーがある程度ラインから離れた場所になるはずなので、ラインに到達した足の最高値(最安値)を基準に考えれば良いと思います。

 

デメリットとしては、2本足確定を待つことから、2番目の方法よりも利幅が少なくなります。

また2本目の足で大きく値が動いた場合(結構このケースは多い)、エントリーのタイミングすら逸してしまいます。

 

 くま的レンジ相場のエントリー方法Ⅲのキモ

エントリーのタイミングは、2本目の足が確定した瞬間になるので、迷う事はないでしょうし、損切りもライン到達足を基準にするため、こちらもそれほど迷う事はないでしょう。

3つのくま的手法の中で、もっとも機械的にトレードが行える方法だと言えます。

なのであとは、『2本目の足が長くなった場合の判断をどうするか?』が一番のキモになるでしょう。

 

例えば2番目の方法の説明時に使用した↓の画像

レンジ詳細最安値

この画像の環境で今回の手法を使うと、2番目の方法よりもかなり利幅を失ってしまいます。

場合によっては、利益を完全に失ってしまうケースも出てくるでしょう。

長期足だと、どうしても足1本1本が長くなりがちです。

 

・・・ということから、実は3番目の方法は、『短期足向けである』とも言えます。

短期足であれば、足1本の形成時間が短いため、エントリー機会の消失も少なくなるからです。

 

なので、長期足のレンジでは2番目の方法を採用し、短期足のレンジでは3番目の方法を採用する・・・という考え方も、ぜんぜんアリです。

何度も言いますが、自分にとって一番やり易い方法がベストなのですから、何も私が記した3つの方法のどれかを選択しなければいけないわけではなく、自分なりの方法を探してみるのも面白いと思います。

とは言え3つの方法はどれも、私が実績を出せた方法ではあるので、1度は試してみても良いんじゃないでしょうか。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ