ひとつの結論 バイナリーオプション

hqdefault


ダメだ~~~~~!

なにがダメかと言うと、バイナリーオプションです。

 

うまくいかない要因は、こちらの記事に書いているのですが・・・

⇒ http://wmbear.com/?p=2817

もう一つ、FXではできるのに、バイナリーオプションではできないことがあって、そのことがかなり影響してしまいます。

 

↑の記事では、上がるか下がるかの方向はほぼわかるのに、それがいつになるかという時間まではわからないのが苦戦している理由だと書きました。

ただ苦戦していると言っても、全くダメというわけではなく、勝率60%前後くらいまでは、なんとかもっていけます。

 

 バイナリーオプションで勝率60%ほどになる方法

まず1つは、単純にトレンドが出た時のみトレードする方法です。

要するに私がFXで使っている、ラインブレイクからのトレンドフォローの手法を適用させると、勝率60%くらいになるということです。

FXだと勝率が70%を超える方法なんですが、なぜFXより勝率が悪くなるのかと言うと、↑の記事に書いた通り、一旦値が戻ってきた時に決算時間を迎えてしまうと、負けになってしまうからですw

 

基本的にはFXでの手法でも、『そこそこ通用するものもある』という結果は出ています。

まあでも、そこそこならFXをやれって話ですよね( ̄(エ) ̄;)

 

他にも、過去のチャート形状を参考にしてトレードするという方法も試してみましたが、これも勝率60%に届かないくらいでした。

この方法もぜんぜんダメということではないんですがね・・・

 

・・・ってことで、資産を効率よく増やせる手法をバイナリーオプションでは見つけ出せませんでした( ̄(エ) ̄;)残念ながら

さっぱりさっぱり

 バイナリーオプションで資産を増やせない理由

1つは時間的なものを予測できないこと。

もう1つなんですが、利益、損失、勝率のバランスをコントロールできないことにあります。

 

どういうことかと言うと、例えばバイナリーオプションで、1トレード1000円でトレードしたとすると、負けた場合は1000円まるまる失ってしまいます。

これはFXで言うところの100pips負けです。

 

トレードスタイルにもよりますが、FXでのトレード熟練者は、100pips負けという事はほとんどありません。

そのまえに損切りするからです。

なので、トレードで負ける度に100pipsの損失を出すというのは、プロトレーダーからすると、正直大きすぎるわけです。

 

さらに、バイナリーオプションで利益を伸ばそうとすると、必然的に不利な状況からエントリーするしかないわけで、その場合、極端に勝率が下がってしまいます。

FXであれば、いつ決済しても良いので、利益を伸ばせる条件が整えば、そのまま利益を伸ばしていけるので、勝率がそこまで極端に下がってしまうことはありません。

 

 結論

以上のことから、私的意見ではありますが、『バイナリーオプションで資産を増やすのは難しいんじゃないかな』という結論に至りました。

なので資産を増やすならFX

少額投資によるゲーム感覚で楽しむならバイナリーオプション

が良いんじゃないでしょうか。

 

ちなみにFXをゲーム感覚でやってしまうと、大変なことになってしまいます。

例えば損切りの概念を理解しないでFXトレードをしてしまうと、思った以上の損失を出してしまいかねません。

その点バイナリーオプションであれば、1トレードごとの投入した資金以上に金額を失うことはないので、その点は安心と言えば安心です。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ