張飛益徳 くま的三国志

彼を知り己を知る


 豪傑張飛益徳

三国志で、劉備玄徳を主人公とした話によく登場する張飛益徳という人物がいます。

どういう人物かと言うと・・・

 

顔怖い( ̄(エ) ̄;)

やたらと強い。

酒癖が悪く部下に厳しい。

鬼を味方につけたらこんな感じになるんじゃないかというようなイメージができそうですw

 

どれくらい強かったかがわかるエピソードして、橋の上で敵の大軍に対して睨みつけて『かかってこいや!』みたいな事を言ったら、

誰ひとり橋を渡ろうとする者が居なかった・・・というものがあります。

敵軍にも『あいつヤバイ』と知れ渡っているくらい強かったという事でしょう。

張飛

 時々使う作戦は、まさに意表をつかれる

そんなイメージがあるためか、戦いになると単純に真正面からぶつかってくるものだと思われる事もあり、時々使う作戦がかなり効いたりしますw

敵にしてみたら『あの張飛がこんな作戦使うのか!』と思ったに違いありません。

 

これは普段にでも参考になる話で、例えば会議などでは、よく発言をする人と、ほとんど発言をしない人が居ると思います。

まあ、あなたがどちらのタイプかはわかりませんが、もしほとんど発言しない人であるとしても、ここぞという場面で的を射た発言ができれば、周囲の人に物凄い強い印象を残すことができます。

 

普段発言しない人が発言すれば、みんなびっくりしてよく聞いてくれるわけですねw

何も発言を頻繁にしてはいけないと言っているのではなく、そういった会議の場で発言する事が苦手だという人でも印象に残せるという話です。

ミストバーン

 残念な最期

張飛という人物は、部下に対しては物凄く厳しかったとされています。

その厳しさが、部下を思っての事であれば良かったのでしょうが、単に気に入らなくて当たり散らしていたようです。

ちょっとのミスに対しても問答無用で厳罰を与えてた等・・・

 

それは部下にしてみたら、『こいつの下ではやっていけない』ってなりますよね。

って事で張飛の最期は、部下に恨まれて、寝てる間に殺されてしまうわけです。

 

会社でも部下のミスに対して必要以上に怒るという上司の話を結構耳にするんですが、上司なわけだから、部下よりも仕事ができて当然なわけですよね。

なので『なんでこんな簡単な事ができないんだ?』という怒り方は間違いのように思います。

怒る前に出来なかった理由を聞いて、その理由に基づいて解決していく・・・という手順が正しいでしょう。

その理由がふざけた内容だった場合に初めて怒る・・・というようにした方が、怒られた方も納得がいくのではないでしょうか。

上司に怒られ

張飛にしろ呂布にしろ、物凄い強かった人物らしいんですが、最期は部下に裏切られるという共通部分があります。

どちらの人物も、そうなるべくしてなっているような気がしますね( ̄(エ) ̄)y-゚゚゚ くま的には

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ