誰が作ったのか相場の格言シリーズⅣ

格言名言かわいい系


相場の格言シリ~~~ズⅣ( ̄(エ) ̄)b

相場の世界にある格言を紹介&くま的見解をします。

 誰が作ったのか相場の格言Ⅳ

 貧乏神を呼ぶ過剰売買

まあこれは想像に難くないと思いますが、以前と違ってスマホなどで気軽にトレードできるようになったので、調子に乗って売買しすぎる事を戒めた格言です。

ただくま的見解では、『過剰売買』の部分にはいくつもの意味があって、その全てを注意する必要があると思っています。

 

1.取引回数

・取引回数が増えるという事は、その度に手数料(FXではスプレッド分)を払っている事になるので、単純にその分の損益は増えますよね。

ただそれ自体は大した事ではありません。

今現在の手数料は、どこもかなり安くなっていますし。

 

それよりも問題なのは、取引回数が増える=損失の機会が増える という事にあります。

1回1回の取引自体が、根拠に基づいたものであれば良いんですが、その場の勢いで取引回数を重ねてしまう人がいます。

この行為が貧乏神を呼ぶわけです。

ミニボンビー

ランク的には、まだちびちび損失を重ねるミニボンビーくらいでしょうか。

 

2.ロットの超過

・中には『どうせ負ければ損切りするんだから、全力で!』なんて言って、フルロット・・・投入できる資金全てを1回のトレードに注ぎ込んでしまう人がいます。

経験ある人もいると思いますが、相場というのは、ちょっと目を離した隙に大きく変動する事もあります。

例えばトイレに行っている間とか、TVに気を取られている間にとか、その間に変動して大きく損失を出してしまった人もいるんじゃないでしょうかw

 

これをフルロットでやってしまうと、大ダメージを受けてしまいます。

そもそもの話、フルロットでの損切りは損失が大きいので、こんなトレードをやっている時点で貧乏神が来てしまいます。

ボンビー

この行為は、結構痛いびんぼう神級です。

 

3.複数ポジションの超過

資金管理という名目で、複数のポジションを持つ人がいます。

こういう人は、相関性に基づいて複数のポジションを持っているわけなんですが、当然度が過ぎるとヤバイ事になりますw

相関性とは・・・通貨先物などで関連性のある動きをする事。 例えばある通貨が上がる動きを見せたら、もう一方の通貨は下がるような動きをするなど。

 

2,3通貨だけならいざ知らず、石油などを同時にトレードしてしまう行為。

これはもう資金管理でもなんでもなく、超危険な行為です。

 

よく考えてみてください。

1つポジションを持つという事は、それ自体が既にリスクと取っているわけです。

ポジションを持たなければ、いくら値が動こうが損失は出ないわけですから。

 

ポジションを複数持てば持つほど、リスクは当然その分増していきます。

↑でちょっと記述した相関性も、ぜんぜん無視した相場の動きをする事もありますので、ポジションを複数持つ=リスクを減らす という事には基本的にはなりません

むしろ1つの口座だけでなく、全ての口座で損失を出す危険性も出てくるので、ポジションをたくさん持ちすぎる事は一番危険な行為、超危険な貧乏神を呼ぶ行為だと言えます。

キングボンビー

億を稼いで名を馳せたトレーダーも、ポジションの持ち過ぎで破産してしまったという話もあります。

複数ポジションの超過は破産への道、キングボンビー級の行為になります。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ