マインドが原因による損切り貧乏の対処法

ビビリ犬


代表的なFXの負けパターンの1つに損切り貧乏があるんですが、ほとんどの人が、原因をマインド的なものだと思っています。

ですが実際の原因は↓こっちであることがほとんどです。

こちら ⇒ http://wmbear.com/?p=3182

 

損切り貧乏になる90%以上の人が、基礎力の不足です。

↑の記事を読んで、『基礎をマスターするのも大変だ』なんて思っちゃった人。

基礎をマスターするのも大変だから、相場に参加したほとんどの人が負けるわけですよ( ̄(エ) ̄)y-゚゚゚

 

で・・・90%以上とは書いたんですが、実際のところほぼ100%に近いんじゃないかとは思っています。

そんなにビビリだったら、そもそも投資をやろうなんて思わないじゃないですかw

なのでこの記事は、万が一にも本当にビビリで、尚且つそれでもまだトレードをして結果を出したいと思っている、数少ない人向けになります。

 ビビリの対処法

私が思うに、ビビリの対処法は唯一これしか無いでしょう。

ロットを限りなく少なくして、いくら連敗しても、全く痛さを感じないトレードをし続けて慣れる。

その中で、自分が最初に決めた損切りの位置まで耐えられるようになっていく・・・

もう本当にこれしかありません。

 

ロットを最小にしても、まだ恐怖を感じるって人は、そもそも投資をするのに絶対的な資金量が足りてないんじゃないでしょうか?

別の記事でも述べてますが、投資をして資金を失ってしまった場合に、生活に影響が出てしまうような人は、投資をするべきではありません。

そんな人はもう、資金的に不安が無くなるまで一旦投資は止めた方が良いです。

オプション取引1

1.まず丸ごと失っても生活に影響の出ないような資金で行う・・・これが大前提

2.ロットを最小にして、たくさんトレードを経験して、損切りの位置を掴んでいく。

3.ロットを最小にしても恐怖を感じるようなら、資金に余裕ができて、恐怖を感じなくなるまで一旦身を引く。

この3つが、本物のビビリに対する処方箋になります。

 

ここでもう一度考えてみてください。

何度も言いますが、損切り貧乏になる人は基礎力の不足がほとんどです。

まずはそっちを疑ってみてください。

そうでなかったら、負けても痛くも痒くもない資金力でトレードを行う。

 

基礎力と資金力が解消されれば、損切り貧乏にはならないはず( ̄(エ) ̄)y-゚゚゚

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ