アジア時間、欧州時間、ニューヨーク時間ってな~に?

世界市場


 三大為替市場と時間

為替などの投資に興味を持つと、なんちゃら時間、あるいはなんちゃら市場・・・のような言葉をよく聞くと思います。

まあこれは言葉通りで、その地域もしくはその都市の市場、取引時間の事を指しているのですが、為替には、世界の三大市場と言われる大きな市場が3つあります。

それがロンドン市場ニューヨーク市場東京市場です。

 

それぞれの地域に時差があるわけですから、例えばロンドンと東京で全く同じタイミングで市場が開くという事は有り得ません。

ロンドン市場が開いている時は、東京市場が閉まっているなど、地域によって、市場が開くタイミングが違ってきます。

それによって、24時間いつでも為替取引ができるという事になります。

 

その中で市場規模が大きいロンドン市場ニューヨーク市場東京市場が、それぞれの地域での市場が開いているタイミングの目安として、ピックアップされる事が多くなります。

タイミングなどと言っていると分かりにくいのでw日本時間で説明すると・・・

東京市場は 9:00~17:00

(東京証券取引所は9:00~15:00)

ロンドン市場

上半期17:00~1:00 

下半期18:00~2:00

ニューヨーク市場

上半期22:00~6:00

下半期23:00~7:00

となります。

 

ロンドン市場ニューヨーク市場は、上半期と下半期で1時間ずれているんですが、これはサマータイム制を採用しているからです。

それぞれに『夏時間』、『冬時間』なんて言われているんですが、この言葉は個人的にはあまり使わなくて良いと思います。

オセアニア地域などでは、夏冬逆転してしまうので、正直あまり気にしてもわけわからなくなりますw

三大市場と時間帯を押さえておけば、とりあえず良いんじゃないでしょうか。

 三大市場の時間帯とトレードの関係

三大市場と時間帯を知ったからどうなるのか?と言うと、これだけでは当然どうにもなりません。

実用的に理解するには、トレードとの関係性を見出さなければなりません。

詳しくは別記事で説明しますが、それぞれの時間帯で、特徴的な動きがあります。

 

東京市場の時間帯では、値動きが少ない。

ロンドン市場の時間帯からは、徐々に値が動き始める。

ニューヨーク市場の時間帯は、大きく値が動く。

などの特徴です。

くま的な感覚では、ロンドン市場が閉まる時間からニューヨーク市場が開く時間くらい(22時~0時)は、※手仕舞いする人とこれから参加する人が重なってか、かなり値動きが激しい気がします。

 

重要なのは、これらの特徴とトレード手法を一致させる事です。

値動きが小さいならば、小さい動きに合った手法、値動きが大きいならば、大きい値動きに合った手法があるので、自分がトレードしたい時間帯等、当然得意不得意等も組み合わせて、自分なりのスタイルを考える必要がある・・・という事になります。

夜行性

 ※出てきた用語解説 手仕舞い

手仕舞いとは、保有しているポジションを決済する事です。

つまりトレードを完結させる事を意味します。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ