バイナリーオプションってな~に?

cropped-.png


ネットを検索していると、バイナリーオプションが危険だとか詐欺だとかいう話をよく見ます。

もしバイナリーオプション自体がそうなら、ここまで容認される事は無いはずなので、危険なのは、それを利用して金儲けをしようとする業者の方・・・という事になります。

 

特に『1日で何百万稼げる』とか『初心者でも楽勝で稼げる』など、いかにも誰でも稼げるかのような過大広告を出す業者が多かったんですが、今現在(2016年1月)は規制されて、だいぶ少なくなったようです。

ただ相変わらず怪しげなオファーを出す業者はあります。

 

よくあるのが※シグナル配信をしている業者なんですが、どの業者もはんで押したように勝率60%くらいを謳っています。

それでですね・・・『シグナル配信を受けて勝率60%なのであれば、止めた方が良い』というのが私の持論です。

当然そう考える理由があるんですが、その話はまた今度という事で。

 バイナリーオプションの簡単な説明

バイナリーオプションで検索すると、『トランプのハイアンドローみたいなものだ』という説明がされているんじゃないかと思います。

まあ概ねその通りなんですよね。

 

為替相場というのは、1秒単位で動いているんですが、NHKのニュースで1ドル120.10円だとか、1ユーロ130.30円だとか言っているのを見たことないでしょうか?

あれは過去の情報で、実はニュースを流している間にも絶えず動いているわけです。

 

5秒後には1ドル120.15円になったり、さらに30秒後には120.05円になったりしています。

そんな絶えず動いている為替相場の中で、ある一定の時間とある一定の価格の2つを決めて、その決めた時間に、決めた価格より上か下かを当てるのが、バイナリーオプションです。

バイナリーユーロ円1

↑の画像であれば、15:00の時点で1ユーロ129.30円よりも上か下かを当てる・・・という事になります。

単純に考えれば上か下かを当てるだけなので、誰にでも出来ますよね。

なのでバイナリーオプションが『誰にでもできる簡単な投資』という表現は間違いではありません。

 

ただここで注意しなければいけないのは、簡単にできる=簡単に稼げる では無いという事を認識しなければなりません。

むしろ簡単にできるが故に、ガンガン投資してしまって、負けが込んでしまう事も有り得ます。

 

実際FXでは利益をあげている私でも、バイナリーオプションでは苦戦中です。

苦戦している理由はこちら ⇒ http://wmbear.com/?p=2817

 

トランプのハイアンドローをやってみればわかると思いますが、連続して勝つ事もあれば連続して負ける事もあり、なかなか容易では無いでしょう。

つまり直感だけでバイナリーオプションをやってしまうと、同じ結果(実際には仕組み上、もうちょっと悪い結果)になってしまう可能性が高いです。

 

バイナリーオプションでも勝率を高くし、利益を継続してあげようと思ったら、それなりの根拠が必要となります。

まずはその根拠を見つけなければならないでしょう。

そして見つかったら、是非私に教えてください(● ̄(エ) ̄●)ノ☆・゚::゚ヨロシコ♪

 ※出てきた用語解説 シグナル配信

シグナル配信: 投資業者が何らかの方法で『今は買いのタイミング』、『今は売りのタイミング』、バイナリーオプションであれば『今は上』『今は下』を判断し、その結果をメールなどで知らせるシステムです。 ほとんどの業者で、月単位で高額の料金を取られるので、正直割に合うものは少ないと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ