デイトレードってな~に?

やりすぎFX


損失をできるだけ小さくし、小さな利益をコツコツ積み重ねていくトレードスタイルがスキャルピング

多少の相場の上下に左右されず、利幅を大きく取っていくトレードスタイルがスイングトレードでした。

スキャルピングなら勝率が、スイングトレードならメンタル面がキーになってくるのですが、デイトレードはその中間という感じです。

 

今ではデイトレーダーという言葉が一般的に聞かれるようになってきましたが、この言葉を自称している人達というのは、だいたい専業トレーダーです。

私の考えでは、最も一般的なトレードスタイルでありながら、最も挫折する人が多いスタイルでは無いかと思っています。

 デイトレードのスタイル

デイトレードと聞くと、1日中チャートとにらめっこをして、トレードをしている姿を思い浮かべる人が多いですし、実際に初心者がFXを始めると、そんな事になってしまいがちです。

私の知人の主婦も、FXを始めたのは良いけど、『四六時中チャートを見てなければならないので、大変過ぎて無理!』と言って、結局止めてしまいました。

 

ハッキリ言いますが、そんなトレードスタイル続けられるはずが無いですよw

私でも、どれくらいチャートを見続けていられるかと言うと、たぶん1時間が限界です。

モニタ見すぎ

じゃあどうするのか?・・・ですけれども、私の場合は、まず朝の数分で、『どのような状況になったらエントリーする』という事を決めてしまいます。

後はたまにチェックをして、実際その状況になった時にエントリーするだけです。

 

要は『どの場面でトレードするのか』が、デイトレードのキーになってきます。

それゆえにデイトレードには沢山の手法が存在しますし、狙う時間帯、狙う場面も人それぞれ違います。

ですがデイトレードで勝てている人は、そのような自分がトレードすべき場面をわかっていて、その場面でトレードするからこそ、ずっと勝ち続けられるわけです。

 

デイトレードで失敗する初心者は、全ての場面、時間でトレードしようとするから無理が出てしまいます。

自分に得意な場面を絞ることで、時間的にも、利率的にも無理のないトレードができる・・・という事を意識しておいてください。

 結局のところ・・・

デイトレードという言葉自体にあまり意味はありません。

”デイ”という言葉に惑わされて、1日のうちで長い時間トレードする必要はありません。

場面を絞って、最も効率の良いトレードができた者が、いわゆるデイトレーダーとして存在しています。

そしてこの場面を絞るという行為は、スキャルピングスイングトレード等、ほぼどのスタイル、手法においても非常に重要なキーとなります。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ