相場の予想について

トレード


相場の予想は百害あって一利なし』というのは、投資家の間では有名なマーフィー氏の教えです。

私はよく『今後ドルはどうなる?』とか『ユーロは下がるんじゃない?』などの質問を受けます。

私がFXをやっている事をリアルに知っている知人は、それほど居ないはずなんですが、どこぞの誰かが言って回っているのでしょうかw

 

まあそれは良いとしても、そのような予想質問に私は回答しません。

当たる事も外れる事もあるから予想なわけで、確実に当たるなら予知になります。

当然の事ながら、私は予知ができません。

予想が外れて恨みを買っても馬鹿らしい話なので、そういう予想質問には回答しないと決めています。

 

そして経済評論家などの予想も、予知では無いので当然外れる事も多いでしょう。

そういう外れる事も多いものに対して・・・例えば、ある経済評論家が『ドルが20円上がる』と予想したので、ドルを買うという行為は、競馬予想屋の情報で馬券を買うのと大差ないと言えるでしょう。

 買い材料、売り材料探し

経済評論家のレポートなどで『材料を探す』という言葉が使われていますが、稼げるトレーダーが果たしてそんな事をしているでしょうか?

ある通貨に対してネガティブな条件を発見して売るだとか、ポジディブな条件を基に買うだとか、少なくとも私が知る限り、結果を出し続けているトレーダーは、そんな事をしていません。

端的に言うと、材料など当てにならないって事です( ̄(エ) ̄)y-゚゚゚

 

例えばあなたが有力な買い材料を見つけて、相場が上がるだろうと予想したとします。

ですが実際は予想に反して相場が下がったとします。

その際に正しいのがどちらかと言うと、100%相場の方です。

 

誰の予想や考えよりも、相場の方が常に正しい・・・これもマーフィー氏が提唱しています。

つまり相場の予想や考えなどに大した意味は無く、より重要なのは、刻々と変わる相場の状況に対応することです。

予想や考えが破綻している状況にも関わらず、いつまでもそのようなものにこだわってトレードするのは愚かな行為です。

なのでマーフィー氏は、『大したメリットもない相場の予想は百害あって一利なし』と言っているわけです。

マーフィーこれはエディー

 くま的には相場の予想はしないのか?

ここまで言っておいてなんですが、私は相場の予想をしますw

『おいおい、今更何言ってんだお前は!』と言われそうですが、『今月はどっちに動きそうかな?』とか『半年くらいはこっち方面かな?』など、月単位以上のおおまかな予想は実際しているので。

 

ただ重要なのは、その程度の予想だけでトレードをしてはいけない・・・という事です。

この程度の予想でトレードをするのなら、先ほど例に挙げた経済評論家や競馬の予想屋が自分に置き換わっただけになります。

 

自分の予想と実際の相場の動き、どちらを優先するかと言うと、必ず実際の相場の動きを優先します。

これがみなさん意外とできないようで、どうしても自分の予想が正しい、あるいは信じたいと思ってしまいがちなんですが、だから負けてしまいます

 

自分や人の予想、考えよりも常に相場の動きが正しい

つまりチャート上に現れた動きが常に正しい・・・これを意識することが、相場で勝ち抜くために外せない事だと思います。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ