やりたくないけどやらなければいけない『損切り』

泣いて馬謖


世の中できればしたくない事でも、やらなければいけない事があります。

例えば納税です。

誰も納税しなければ、はたしてどうなるでしょうか?

当然国として成り立たなくなります。

公的機関は無くなるので、道路などは荒れ放題。

警察も無くなるので、治安も荒れ放題。

裁判所も無くなるので、犯罪は横行し、それを裁く者も居ません。

映画に出てくるような、荒れ果てて滅んだ都市のような状態に、そのうちなってしまうでしょう。

滅んだ都市

FXにも納税のように、できればやりたくないけど当たり前のようにやらなければいけない事があります。

それが『損切り』です。

 なぜ損切りしなければいけないのか?

今まで何回か他記事で説明していると思いますが、損切りをするのは損失を最小限に食い止めるためです。

『でも待っていたら、そのうち戻ってくるんじゃないの?』と思いますよね。

実はその通りで、余程の高値圏で買うか、余程の安値圏で売るかしなければ、基本はい・つ・か戻ってくるんです。

しかも含み損に関しては、FXは寛容ですよね。

例えば知人からお金を借りた場合、ある程度の期間返さないでいると、「いい加減返せよ」と言われると思うんですが、FXの場合は、証拠金がある限りは、いくら含み損を抱えようがそんな事全く言われません。

だからこう思ってしまうんです・・・『まだ大丈夫、きっと大丈夫』と。

しかしFXは、証拠金が無くなるほど含み損を抱えた人には、容赦ありません。

ある時いきなり通知(マージンコール)されます。

『あなたもうダメですね』・・・と。

そこで人に対するように『もう少しで返せると思うんで待ってください』と言ったところで通用しません。

容赦なく強制ロスカットされてしまいます。

強制ロスカットを食らった場合は、そのままの状態では、ほぼ再起不能です。

これがFXでの失敗パターンです。

KO

要するに、い・つ戻ってくるかわからないものを待つのは、リスクがかなりあるという事です。

その間まともにトレードできません( ̄(エ) ̄;)

もちろん含み損を抱えたままでもトレードできない事はありませんが、更に損失を出す可能性もありますし、そもそも平常心でトレードなんてできません。

借金を抱えている人が『競馬で借金を返してやる』なんて言ってたら、まず正気じゃないと思うでしょ?( ̄(エ) ̄;)

そこまで酷い状況では無いとしても、精神的にはかなり近いですw

気持ちを切り替えて、平常心でトレードを行うという意味でも、損切りは必要になってくるわけです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ