スリッページの意味と設定

スリップ


スリッページってなんなの? 思った所と違う値で決済されるし、いいこと一つも無いじゃねえか』・・・と思っている人も居るかもしれませんねw

本当にいいこと一つも無いなら完全無視して良いんですが、一応意味があるんです。

ですが正しく理解していないと、本当に意味が無かったりする場合もあるので、その辺を解説します。

 スリッページの理解

指値注文などで指定した値と若干違った値で約定してしまうのは、スリッページがあるからなんですが、そもそもなんでそんな事が起こる(起こす必要がある)んでしょうか・・・というところから説明します。

相場というのは、絶えず上がったり下がったりと変動しています。

11,12,13,14・・・12,11,10,9・・・と規則正しく価格が1ずつ変動するなら問題ないんですが、市場参加者の数や投入金額によって、11,15,8,13・・・とか一気に値が飛ぶ場合があります。

重要指標発表後はそういう事象が起こっているので、確認してみてください。

そういう値が激しく飛んで動いているような時に、例えば1ドル120.20円で買いの逆指値注文損切り)を出していたとします。

ところが実際の相場が120.24120.23120.22と下がってきた後に、いきなり120.00円まで飛んで下がってしまったとすると、約定120.00円になってしまいます。 これは痛いですよね。

そこでスリッページを設定しておくわけです。

↑のケースの場合、スリッページで±0.02円までを許容するように設定しておくと、120.22で無事約定されます。

こういうケースもあります。

例えば1ドル120.50円で売りの指値注文を出していたとします。

実際の相場が120.46120.47120.48と上がってきたのに、120.50まで到達しないで急にまた下がってしまいました。

この場合は当然約定されません。

ただしスリッページ±0.02円までを許容するように設定していた場合は、120.48約定されるわけです。

ふむふむ

↑の2つの例は、どちらも設定しておいた方が得だったケースですが、反対に損をするケースもあります

スリッページを設定していたが為に、損切りになってしまったんだけれども、本来であれば逆指値の値になる前に戻っていたので、損切りする必要はなかった・・・等のケースです。

こういうケースバイケースはいろいろあるので、自分でも考えてみてください。

要するに、スリッページを設定したが為に得する場合もあれば損する場合もある、一長一短なので、それを理解した上で、あとは個人がどう考えるか・・・という事になるわけです。

 どういう時にスリッページを設定する?

あなたなら既に理解しているかもしれませんが、リアルタイムでトレードをする場合(成行注文)、スリッページを考える必要は全くありません。

その場の値で即断即決するわけですから、設定する意味すら無いですよね。

スリッページが有効になる時というのは、指値注文逆指値注文等、値を指定して注文する時です。

先程も言ったように、スリッページの設定はケースバイケース、一長一短なので、設定値、設定するしないの判断は個人でするのが良いでしょう。

参考までに私がどうするかを教えましょうか。

私の場合は、逆指値のみ±0.03(3pips)くらいの設定です。

指値注文はあんまりしないので。

マイナス要因時の用途にのみ設定している事になりますね。

相場が明らかに激しく動く可能性が感じられる場合は、もう少し±を多く設定する場合もあります。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ