ダウ理論をくま理論で解析Ⅱ FX相場の世界観

クマ博士1


今回も難しすぎるダウ理論の解説を、サックリ簡単なくま理論に変換。

 ダウ理論による3種類のトレンド

ダウ理論によると、トレンドには3種類のものがあると言っています。

 主要波動

1つは、主要波動(主要トレンド)と言われる、1年から数年に渡って続く大きなトレンドです。

大勢的・・・つまり『今は景気が良いから普通に考えれば買いだろう』『今は世界的に厳しい状況だからどう考えても売りだろう』などという、一般的な考え方が強い勢力となって続くトレンドです。

 中勢波動

次に、1段階小さな中勢波動(二次トレンド)と言われる、数週間から数か月間続くトレンドです。

考え方としては、主要トレンドの中で時々起こる反対の動きです。

当然ながら、相場は永久的に同じ方向に向かう(ずっと上がり続ける、またはずっと下がり続ける)事は無いので、主要トレンドの中で生じる調整局面とされています。

つまり『随分相場が上がったから、そろそろ売った方が得かな?』『随分相場が下がってきたから、これ以上は下がりにくいだろうし、そろそろ買った方が良いかな?』などという、とりあえず的な考えが徐々に強まっていき、ある程度の期間、一時的に主要トレンドと反対の動きをするトレンドです。

 小波動

最後に、日々ベースで変動するような小波動(小トレンド)と言われる、短期変動を繰り返すトレンドです。

ちょっとしたキッカケで反転する、操作すら可能なトレンドと言えると思います。

長期的な投資を行う投資家には、あまり重要視されていません。

グルグル2ちょっとブレイク

 くま的利用法 3種類のトレンド

普通に考えれば、長期投資家は主要トレンドを、短期投資家は小トレンドを気にしていれば良い気がしますよね。

ですが『火のないところに煙は立たぬ』ということわざがある通り、見えないような火が、やがて大きな大火にならないとも限りません。

長期投資家であれば、二次トレンドは利食い、もしくは買い増しのポイントにもなりますし、大火になりそうな小トレンドに気を配る事も必要でしょう。

長期投資は、少々の損害ではビクともしない資金で、損切りポイントを深くして(もちろん論理的な根拠が必要)、主要トレンドに乗ってポジションを保持していく・・・というのが基本になるでしょう。

短期投資家はどうかと言えば、やはり今が主要トレンドの方向に力が向かっているのか、二次トレンドの方向に力が向かっているのかを把握する必要があります。

日々力関係が変動する小トレンドと言っても、上位トレンド(主要二次トレンド)の向かっている方向により強い力が働いているので、その力の方向に従ってポジションを持つのが基本になるでしょう。

結局は力の流れる方向に乗るのが一番勝ちやすく、経験が浅い者であるほど、その流れに従った方が良いです。

動く歩道は動いている方向に向かう方が楽でしょう( ̄(エ) ̄)y-゚゚゚

しぶいクマ

ちなみにwikiなどでは、『小トレンドは、二次トレンドの調整局面』としているので、その部分は若干くま理論の捉え方が独特です。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ