投資助言・代理業の言葉は信頼できる? FX相場の世界観

金


極たまにメールで『***の株なんですが今買った方が良いでしょうか?』とか『中国やシリアの難民問題などがあるから今ユーロを売った方が良いですよね?』なんて直接売り買いに関わる質問を受けるですが、この問いに対して『買ってください』とか『売ってください』と答えることはできないんです。

実はそのような直接売買を指南する行為は、投資助言・代理業の登録が必要になります。

詳しくはここ ⇒ 投資助言・代理業登録案内

『それならこの関東財務局に登録している業者の人の言葉なら安心だ』・・・と思うかもしれませんが、あながちそうとも言い切れないのが厄介なところです。

同ホームページの登録に係るQ&A 項目5に、登録を受けるには資格が必要なのか? というものがあるのですが、A.を見ての通り、資格は必要ありません。

つまり知識と経験があれば、誰にでも登録出来てしまいます。

 注意すべき実際にあった勧誘例

よくある勧誘が、やはり電話です。

メールだと迷惑メールに行くので、気づかない場合がほとんどですが、電話であれば、たとえ無通知だとしても一度は出てしまう人が多いので、危険な勧誘が多いようです。

『株をやってみませんか?』という程度の勧誘なら、これ自体に害があるとは言えないのですが、『絶対に儲かる株』とか『持っていれば何年後かに10倍になる』などと言ってくる場合は、ほぼ危険な勧誘だと思って間違いありません。

私が行きつけの理髪店で実際にあったらしいのですが、最初のうちは丁寧な勧誘だったので、ちょっと面白そうだというノリで株を買ってみたらしいんです。

その時はアドバイス無視でソニ〇の株を買って、かなり上がったとの事です。

で、まあ夏頃だったかな?一度下がって、ちょっと上がってからまた下がり始めたので、私がそれとな~く『そろそろ本格的に下がりだすかもしれませんね~』なんて話をしていて、それでもずっと持っていたので、秋頃になって『あの時売っておけば良かった』なんていう、ありがちな話をしていたのですが、そこでふと勧誘の話になりました。

話を聞くと、やはり結構しつこい人が居るらしいです。

株取引業者というのは、取引手数料で儲けるわけですから、沢山取引させたいわけですね。

なので中には、投資助言者を語って、そういうしつこく電話勧誘をかけてくる人も居ます。

この方の場合は、抗議の電話を入れて、幸いその後問題は起こらなかったのですが、中には言う通りに購入してしまって、裁判沙汰になってしまうケースもあります。

⇒ 裁判沙汰のケース

やはりポイントは、『必ず』とか『絶対』という言葉が入っている事です。

私は常々、『相場に絶対は無い』と言ってきているわけですが、どういうわけか、この言葉を簡単に使ってしまう人が多いです。

厄介なのは、本物の投資助言者にもこういった言葉を使ってしまう人が居ることなんですが、私から言えることは、『必ず儲かる』『絶対儲かる』などの言葉を簡単に言う人は信用しない方が良い・・・という事です。

↑のケースは、断定的判断の提供があったとして勝訴になったようなんですが、それでも不当利得返還請求の一部という事みたいですね。

断定的判断の提供について、苦情が多数あるとありますが、よくよく注意するべきでしょう。

というより、そんな事を言ってくる輩には近寄らない・・・というのが一番じゃないでしょうか。

ちなみに金融商品販売法によって、断定的判断の提供による勧誘を禁止されています。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ