トレード記録は意味があるのか? FX相場の世界観

トレード記録


トレード記録って付けてます?

トレード記録を付けていると、確かに後になっていろいろな事がわかったり、気づけたりするんです。

FX講師の中にも、トレード記録を付ける事を勧めている人は、かなり居るんじゃないでしょうか。

ただどうでしょう?

言われたのでトレード記録を付けてみたものの、『何かいまいち意義を見いだせない』とか、『どうやって活用して良いかわからない』なんて事になっていませんか?

実はそれ当たり前なんですよ。

そういう記録みたいなものって、何か目的を持って付けないと、単なる日記と大して変わらなくなってしまいます

『あ~、こんな事やってたんだ~』みたいな感じになって終わりです。

そうなる原因としては、一つは時期です。

例えばまだほとんどFXの事を理解していない初心者が、トレード記録を付けてそれを活かせるかと言うと、無理な話なんです。

エントリーのタイミングも決済のタイミングもバラバラ、ただ何となくのタイミングでトレードしたものを記録した所で、『何か記録が増えた』ってだけの話です。

そんなものを『後で見て活かせ』と言われても、私は無理ですw

とくに決まりのあるトレードをしているわけでもなく、ただ何となく記録を付けているだけなのであれば、まだトレード記録を付ける段階ではないって事です。

トレード記録を活かすには?

トレード記録というのは、ある決まり事があって、それに沿ってトレードすることにより、後になって結果等を分析できるような資料になります。

例えば、ある手法(決まり事)があって、その手法でエントリーや決済をして、トレード記録を付けたとします。

当然勝つこともあれば負けることもあるでしょう。

決まり事に沿ったトレードだったのであれば、勝った場合と負けた場合でどんな違いがあったのか・・・等、その決まり事のトレードについて分析する事はできますよね。

ある程度の期間であれば、チャートも見直せますし。

これが漠然と記録しただけのものだと、『何を分析すれば良いんだ?』って話になっちゃうんですよ。

なので、トレード記録を付ける時には、必ず何か決まり事を決めておいてください(・・・何か日本語変かな( ̄(エ) ̄;) )。

ぐるぐる1

トレード記録の汎用的な使い方としては、決まり事は1個でも複数でも良いです。

初めは少ない決まり事で記録を付けて分析し、徐々に多くして洗練させていく・・・という方法も良いでしょう。

決めた事を本当に守れているかどうか・・・という自分の精神的な部分を分析する事もできます。

考え方次第で、いろいろな事に活用できるので、トレード記録を付けるか付けないかで言ったら、私は付けてみる事をオススメします。

ただし、何も考えずにただ記録を付けるだけ・・・という事は止めてください。

あ~、1つ注意点があります。

トレード記録を付ける時は、決まり事をコロコロ変えずに、ある程度長いスパンで記録してください。

あと全く別の決まり事(手法A、手法Bのような感じ)を1つのトレード記録で一緒にするのも良くありません。

いざ分析する時に混乱の元となります。

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ