初心者が間違えやすい事Ⅰ FX相場の世界観

勘違いザオリク


FXにおいて、意外と初心者が勘違いしちゃってる事があるので、その辺りをまとめてみます。

今回は取引手数料スプレッドについてです。

取引手数料について

取引手数料スプレッドを意外とわかってない方が多いようです。

まず取引手数料なんですが、これは1回の取引毎に掛かる手数料です。

今CMに出ているような大手のFX業者は、大抵無料です。

『え、無料で何回でも取引できるの?』と思うかもしれませんが、残念ながらそれは違います

本当の初心者にとってはちょっと聞きなれない言葉かもしれませんが、スプレッドについて後で説明します。

まあ要するに『取引手数料無料と言っても、スプレッドがあるから実質無料じゃないよ』って事です。

スプレッドの事を取引手数料と言ってる業者もあるので、混乱するかもしれませんが、ちゃんと区別はできます。

ふむふむ

先程も書いたように、取引手数料とは1回の取引毎に掛かる手数料です。

それでですね、FXで取引する時って買いと売りってセットじゃないですか。

買ったらいつかは売らなければならない。売ったらいつかは買い戻さなければならない。

つまり1トレードで2回手数料が取られるって事です。

まあ取引手数料を取る業者自体が少ないのですが、そのような業者であれば、『片道**円』とか、片道という言葉をよく使っているはずなので、注意して見てください。

スプレッドについて

スプレッドも、FX業者がそこから利益を得ているという意味合いでは取引手数料とほぼ同じです。

ただ若干、質が違います。

今、ローラさんや石橋貴明さん、元野球選手の清原氏などが出演して、CMで盛んに放送されているDMM.com証券ですが


米ドル/円のトレードは、スプレッドが0.3銭と表示されています。

これは、1トレード(つまり取引手数料とは違って買いと売りセット)で掛かる料金です。

ただし・・・ う~む、どう説明すればわかりやすいか( ̄(エ) ̄;)

スプレッドとは、買値と売値の差、価格差なんです。取引資金自体に掛かっています。

例えば10,000円でトレードすると、スプレッド0.3銭で1トレード30円の料金が掛かるとしましょう。

スプレッドというのは取引資金に掛かっているので、10倍の100,000円でトレードすると、1トレード300円料金が掛かります。

つまり投入する資金量によって、料金も多くなります

FXではレバレッジが効く(少ない金額で何倍もの額の取引ができる)取引ができますが、スプレッドも、レバレッジが効いた状態で算出しています。

だから『スプレッド0.3銭で安い』と感じても、レバレッジが効いた状態により、1トレード何十円、何百円という料金が必要になるわけです。

また突発的な出来事により、突然スプレッドが大きくなる事も有り得ます。

(例外あり)という表記はその事を指しています。

★★★★★ ま  と  め ★★★★★

取引手数料とは取引そのものに掛かる料金なので、買いと売りの両方に発生する。

ただし、株式取引のように取引手数料を固定化している業者は少なく(たぶん今は無い?)スプレッドと一緒になっている業者(※1)もあり、注意が必要。

※1 スプレッドの特性である資金量によって料金が多くなり、尚且つ買いと売りの2回手数料を取る業者もある。

スプレッドは投入資金にレバレッジが効いた状態で算出するため、実際には料金が多く掛かる。

 

わかりづらい説明になって申し訳ありませんが( ̄(エ) ̄;) 最低限次の3つがわかっていればOK

・『取引手数料無料』と言っても、スプレッドがあるからトレードする事自体が無料じゃない。

スプレッド0.3銭という表記であっても、1トレード0.3銭しか掛からないという事では無い。実際には1トレードの投入資金が多いほど料金も多く掛かる。

スプレッドが原則固定と書いてあっても、何か突発的な事(災害など、相場が急激な動きを見せる時)が起きた時は、普段の10倍になったりする時もあります。この場合は、余程の事が無い限り、スプレッドが縮小するまで待った方が得です。

スプレッド

↑はドル/円0.3となっていますが、これが何かの出来事がキッカケで3.0になったりする場合がありますので注意

スプレッドBid(買値)とAsk(売値)の差です。

例えばドル円を買ってから、値が動く前に間髪入れずに売ると、0.3の開き分損する事になります。

なので当然のごとく、スプレッドは小さい方が得です。

オススメのFX業者はどこか?

取引手数料を取っている・・・『片道**円』という表記の仕方をしている業者は、まずオススメできません。

片道0.5銭という場合は、トレード成立毎に倍の1円、手数料が掛かります。

大手業者の場合は、まずこのようなことはやっておらず、スプレッド表記になっています。

あくまで私の意見ですが、正直マイナーな業者の口座を開設するメリットは、あまり無いと思います。

よほど特殊なシステムを使っていたり、物凄く良い条件の特典が無ければ大手業者を使うのが良いでしょう。

スプレッドの少なさ、信頼性、サービスの安定性から見ても、初めて口座を開設するならDMM.com証券が無難なんじゃないでしょうか。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ