悪質投資会社のオファーを見分ける

color002_off


このような質問がありました。

『聞いたことも無い会社から、メールで投資の勧誘があります。話を聞くと良さそうに聞こえてくるのですが、実際どうなんでしょうか?』

その質問内容だけでは正直回答できません。

少なくともどのような投資なのか・・・FXなのか、株なのか、その他の資産運用なのか。

FXであればシグナル配信なのか、自動売買ツールなのか、それとも商材を紹介されているのか。

どのようなジャンルでどのような方法を勧められているのか。

これらがわからないと、どうしようもありません。

逆に言うと、これらがわからないような紹介の仕方をしている場合、メールやホームページを見ても何だかよくわからない場合は、関わらない方が良いです。

だって誠意が感じられないじゃないですか。

何だかよくわからないのにメールを登録しなきゃいけないとか、会員登録しないとプラン一覧すら見れないとか。

あと『行動しないと何も始まらない』なんてそんなニュアンスの勧誘メールを受けることもあるかと思いますが、まずそのほとんどが、自分達が行動していないですw

『どんな方法でどんなメリットとデメリットがあるのか。』それらを詳細に説明して、お客様に十分理解をしてもらった上で、『登録してください』なら話はわかります。

ですが勧誘する方が、登録してもらうための行動をしていないのに、『行動しないと何も始まらない』なんておかしな話です。

なのでそれらは全部無視で良いんじゃないかと思います。

勧誘する時ですらまともに説明できない、ろくなサービスでは無い事は明らかなので。

さっぱりさっぱり

もう1つ、金融庁のホームページから検索して判断する方法があります。

金融庁ホームページ ⇒ http://www.fsa.go.jp/status/index.html

見るべき所は 免許・許可・登録等を受けている業者一覧行政処分事例集 です。

オファーがあるのは、ほとんどが金融商品取引業者等に該当するはずなので、まずは一覧でそこに登録してあるかを見ます

登録が無かったら、違法営業なのでアウトです。

次に行政処分事例集の中に(Excel)、該当する業者の名前があるかどうかを見ます

こちらは、あった場合がアウトです。

処分の種類で、業務改善命令までに留まっているならまだ良いですが、業務停止を受けている場合は、相当酷い状況と思って間違いないです。

詐欺的行為をやらなければ業務停止にはなりません。

要するに詐欺と思って良いという事です。

まあ処分原因を見れば一目瞭然だと思いますがw

調査

という事で・・・

メールやホームページを見ても何だかよくわからない場合は無視する。

金融庁ホームページで、免許・許可・登録等を受けている業者一覧行政処分事例集を利用する。

悪質な投資会社は、大抵この2つの行動で避けられます。

メールアドレスを登録する前に、是非この2つの行動を意識してみて下さい。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ