トレードすべきでない状況1 FX相場の世界観

水平線


私は足がたくさんある生き物は嫌いです。

特にムカデは苦手です。

世の中にムカデが好きって人が居るのかどうか・・・まあ居るんでしょうね。世界は広いですからw

私は相場の世界ですら、ムカデが嫌いです。

↓例えばこんなの

ドル円20150818時

黄色い四角で囲んである部分のように、両方向にヒゲがついて、相場がどっちに向かうのか判断が難しいです。

主に強い長期足のレジスタンスラインサポートライン上でよく見られるんですが、希に(私には)よくわからない所で売りと買いの勢力が拮抗して、ムカデみたいなチャートの形状になります。

こんな時は、静観に限ります。

トレードしても大した値幅が取れないですし、勝率が高いとも思えません。

もちろんこれは私の場合なので、『こんな状況が得意だ』って人も居るでしょうし、自分が得意な状況なのであれば、トレードするべきです。

ポンドドル20150818日

いや~、リアルムカデはめちゃくちゃ気持ち悪いですが、チャートで見てても気持ち悪い( ̄(エ) ̄;)

↑のポンドドルの場合は、サポートラインがはっきりしてそうなので、そこまで下がってくればトレードできそうなのですが、やはり忙しない動きになっていますね。

って事で、相場の方向性がはっきりする(自分で判断できる)まで待つ事が重要になります。

自分でよくわからない状況でトレードしても、勝率が下がるだけですので、それは止めた方が良いです。

よろいムカデ

今回はいつもと比べてかなり短い記事になりましたが、重要度は変わりません。

むしろ重要度は高いくらいです。

勝率が高いと思われる状況のみでトレードし、損失が出そうな時はしっかり損切る。

これさえできれば、その日その日で負ける事はあっても、月トータルでマイナスになる事はあまり無くなるはずなので、今回の事を是非意識してトレードしてみてください。

リアルでもチャートでもムカデが嫌いなwmbearより( ̄(エ) ̄)y-゚゚゚

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ