レンジ相場にチャレンジⅠ FX相場の世界観

太陽黒点


こんにちは。

ちょっくら役所主催の健康診断に行ってまいりました。

駐車場に停めていた車の中が、えらい暑さになっていたので、あんな所に子供を置いたままパチンコなどに行く親の気がしれないですね。

あの暑さは確かに死にます。

大人の私でも数分も耐えられないレベルなので、ちょっとだから大丈夫だろうなんて軽い気持ちで置き去りにしないように。

ではではFXについて、ちょっと実践的な記事を書いていこうかなと思います。

テーマはレンジ相場です。

今日のテーマは2今日のテーマは2

まずは形式的に、レンジ相場がどのようなものかを説明します。

高値と安値を徐々に切り上げていく、あるいは切り下げていく形がトレンド相場なのに対して、ある一定の同じような間隔で、上がったり下がったりを繰り返していく形がレンジ相場です。

本当にざっくり言うと、ジグザグしながら右肩上がりがアップトレンドジグザグしながら右肩下がりがダウントレンドジグザグしながら平行に進んで行くのがレンジです。

今回は、平行に進んでいくレンジを取り上げるわけですね。

レンジ相場が発生する条件

トレンドが出てない時は全部レンジ相場だ』って言う人が居ます。

確かにそうとも言えるんですけど、その中でも、勝ちやすそうなレンジ相場勝ち難そうなレンジ相場というものが、少なくとも私にはあります。

当然私がピックアップするのは、勝ちやすそうなレンジ相場です。

ではレンジ相場というのは、どういった時に発生するのでしょうか?

まあまあ、答えはすぐに言ってしまうんですが、一応考えてみてくださいねw

・・・・ ・・・・ ・・・・

レンジ相場というのは、トレンドが徐々に力を失って終わった時に、売りと買いのパワーバランスが拮抗して、どちらの方向にも向かわない状態の時に発生します。

売りと買いの強さがほぼ同じなのですから、基本的にレンジ相場は、それだけで難しいわけです。

『トレンドが出ている時だけ取引をし、レンジ相場は無視した方が良い』と言っている人が多いのは、それなりに理にかなっています。

それでも私がこうやってレンジ相場の記事を書いているのは、勝率の高いポイントがあるからなので、大船とは言わないまでも、小舟に乗ったくらいの感覚で読んで頂ければな~と思います。

たらい

トレンドの終わりを判断する方法

トレンドが終わってレンジが発生するのであれば、トレンドの終わりが判断できれば、当然勝ちやすくなりますよね?

ただ残念ながら、トレンドの終わりを100%察知できる方法というのは存在しません

相場の世界で100%を追求しても、それは時間の無駄になってしまうので止めましょう。

より高い確率の根拠を集めるという感覚の方が正しいと思います。

で、100%じゃ無いにしろ、トレンド終わりを判断する方法というのはいくつかあります。

ボリンジャーバンドの傾き

まず1つ目は、ボリンジャーバンドの傾きで判断する方法です。

ボリンジャーバンドというのは性質上、値動きが激しくなると、びよ~んと伸びた状態になります。

ボリンジャーバンド1ボリンジャーバンド2

↑の画像で言うと、金色枠内の部分です。

こういった時はだいたいトレンドが出ています。

左画像は1時間足なのですが、右画像の15分足で見ると、綺麗にトレンドが出ていることがわかりますね。

希に値動きの激しい(ボラティリティの高い)レンジ相場もあるんですが、その場合も傾きで判断できます。

金色枠内の部分は、各線が斜めに傾いていますよね。

この傾きが発生している時が、トレンド状態にあるわけです。

それに対して左画像の桃色枠内は、ほぼ平行ですよね。

ボリンジャーバンドの傾きがほぼ平行である時が、レンジ相場と言って良いです。

だいたいのレンジ相場は、値動きが少なくなるので、バンドが収縮していきます。

つまり、ボリンジャーバンドの傾きが徐々に緩やかになっていき、収縮していく状態になった時に、トレンドからレンジに移行する可能性があると考えて良いわけです。

水平ラインのサポート

2つ目は、水平ラインを使用して判断する方法です。

ユーロドル201507205分

↑の画像は水平ラインの引き方という記事で使用したもので、使い回しで申し訳ないのですが、注目して欲しいのは、一番下と下から2番目の水平ラインです。

安値を切り下げていっていたものが、水平ラインの位置で2度目も跳ね返されていますよね。

この2度目の跳ね返しを見て、『レンジに移行する可能性があるのでは?』と考えて良いです。

下から2番目のラインは結局ブレイクされていますが、跳ね返しがある時点で、それだけトレンドの力が弱まってきていると考えられるからです。

その後の展開を見ると、やはりちょっとレンジっぽくなった後に反転していますよね。

その他の判断方法

私は主に、ボリンジャーバンド水平ラインを使って判断していますが、他にもいろいろな方法があると思います。

RSIなど、他のインディケータを使用して判断する方法もあります。

私はごちゃごちゃになるのが嫌なので、極力インディケータは使いませんが、知っておいても損は無いので、調べてみても良いんじゃないでしょうか。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ