水平ラインの引き方Ⅰ目的  FX相場の世界観

くま1


やあやあ、こんにちは。

↑の画像をたまにはかわいい系にしみようと思ったのですがいかがですか?w

『どうでも良い』ってツッコミが多数来そうなので、話をさっさと進めます。

今回は水平ラインの話です。

文字通り単なる水平に引いた横線なんですが、FXでは結構便利と言うか、私の場合はトレードするにあたって不可欠と言ってもいいくらいです。

水平ラインを引く目的

初心者の方は、『チャートに水平ラインを引いて何になるんだろう』と思う人も居るので、まずは目的についてちょっと説明します。

まず1つ目の目的 ・・・ 相場の流れが買いなのか、売りなのか、あるいは停滞しているのかを判断するために使います。

これは大まかな流れと、リアルタイムでの流れ、どちらの判断にも使えます。

大まかな流れは長期足で、リアルタイムでの流れは短期足水平ラインを引いて判断します。

2つ目の目的 ・・・ エントリーのタイミングと利益確定の目安に使います。

人によってエントリーのタイミングは様々で、いろいろテクニカル的なものを使う人も多いんですが、私の場合は水平ラインをエントリー時の主な判断材料にしています。

理由ですけれども、レジスタンスラインとか、サポートラインという言葉を聞いた事くらいはあると思いますが、 これも実は水平ラインでして、FXの解説や情報にはだいたい出てきます。

それくらいメジャーなものという事です。

つまり使っている人が多いので、必然的に意識されやすくなるわけです。

意識されやすいという事は、判断材料にしやすいって事になりますね。

利益確定の目安にも使うと聞くと、『?』と思うかもしれませんが、プロのトレーダーは、だいたいどこまで値が伸びそうだというのが解っていてエントリーしている人がほとんどです。

もちろんインジケーターか何かのサインを基にして利益確定するって人も居るんですが、そういう人でも、どこまでかという目星は基本的にエントリー前についているはずです。

よくだれだれのFX情報とか、FX関連のブログで、『どの通貨がどこまで上がりそうだ』とか『どこどこまで下がって来たら拾ってみよう』とか、そんな事が書かれている事も目にすると思うのですが、あれもだいたい水平ラインを目安にして、語られています。

『何日時点の高値まで』とか『何日時点の安値』というのは、正に水平ラインを引くべきポイントである事がほとんどだからです。

このように水平ラインとは、トレーダーに意識されやすい、様々な目安になりやすいものだということがわかって頂けたでしょうか?

水平線これも水平線

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ