FXあるある小技編 移動平均線 

トレード


やあやあ、こんにちは。

以前トレード記事で、移動平均線は、みんな使っているものなので意識されやすいとお伝えしました。

その時の記事がこちら ⇒ http://wmbear.com/?p=420

ここで表示させている青い線(かなり見づらいですが)は、『1時間足で、4時間足の移動平均線を表示させているだけですよ』と説明しているのですが、「それどうやるんですか?」って問い合わせがいくつか来ました。

もしかしたら意外と気づいてない人が多いかもしれないので説明します。

移動平均線表示の細かなテクニック

まず1時間の移動平均線を表示させます。

人によって、移動平均線の表示設定値が20や21など、多少の違いがあると思いますが、1や2でさほどの違いは出ないと思います。

私の場合は最初に使ったチャートのデフォルト設定が21だったので、そのまま使っています。

まあこれで、1時間足の21移動平均線は表示されていると思います。

じゃあ4時間足の21移動平均線を同時に表示させるにはどうするかと言うと、簡単な話です。

4時間は1時間の4倍なので、もう1本の移動平均線を21の4倍、84に設定して表示させれば良いだけです。

もちろん20で設定している人は、もう1本を80に設定すればOK。

私はたまに15分足まで見るので、この設定は使い勝手が良いです。

15分足でこの設定だと、もう1本の線はちょうど1時間足の21移動平均線になります。

このように、表示方法も多少の工夫はできるはずなので、いろいろ考えてみれば良いと思います。

移動平均線1

上の図は、オーストラリアドル円の1時間足。青のラインが4時間足の21移動平均線です。

よく言われたからといって、そればかり意識する人が居るのですが、機能していない時はぜんぜん見る必要は無いですよ。

むしろ機能していない時は、他のところに目を向けるべきです。

上の図のように、なんとなく4時間足の21移動平均線が意識されているな~と思った時に、初めて利用すれば良いだけです。

上の図を参考にすると、ダウントレンドでトレンドラインも斜めに引けそうで、4時間足の21移動平均線と重なって、しかもそこで上値を抑えられそうである・・・下げの根拠が複数あるのでエントリー・・・とか、機能している事が確認できて初めて使える話なので、無理に意識して使おうとする必要はありません。

これは他のインジケーターや手法にも言える事です。

 

今回は、記事に対して質問があったので答える形を取りましたが、他の記事に対しても質問があればメールしてください。

⇒ くまへメール

なるべく答えるように努力します。

少なくともメールは返すので、どんどんメールして頂いて構いません。

 

相場の原理原則を学べる無料メルマガ紹介

FXを無料で学べるものを紹介します。

こちら ⇒ http://tinyurl.com/kumakuma1

主にFXについての情報なのですが、相場全般に通用する考え方です。

私はこのメルマガとブログの無料コンテンツをベースにトレードを学びました。

無料にも関わらず、下手な商材など足元にも及ばないような内容の充実度です。

あなたがもし、投資、トレード系の高額な商材を買おうか悩んでいるのなら、

その前に是非、見ておいてください。

 

 

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ