FX相場の世界観 レンジ相場とm波形 FX記事

f12_01_6_05


やあやあ、こんにちは。

最近総会資料のチェック等で忙しいのに、春なので眠いのは相変わらずで、FXのチャートを見ていておかしな事を考えるようになったので、今回はその話をしてみます。

FXはトレンドとレンジの繰り返しで、7割はレンジ相場と言われています。

これが本当かどうかは知りません。

厳密に割合を計算した事はないので。

ただそれが本当だとすると、『やはりトレンドだけではなくレンジでも稼げた方が良いよな~』と考えるのが自然です。

そこでレンジ相場に注目してみました。

FXレンジ2

これはオーストラリアドル円の1時間足チャートですが、緩やかなダウントレンドから赤い水平線付近で2度、3度反転しだしてレンジ相場に移行したと言える場面です。

だいたいボリンジャーバンドミドル(20日移動平均線)を縫うような動きになってきたらレンジ相場、あるいはレンジ相場に移行する前の動きと思って良いと考えてます。

レンジ相場でのエントリーの基本的な方法は、同じ箇所で反転しているところまで引きつけて逆張りでエントリーし、レンジの反対側まで狙うというものが一般的だと思うのですが、逆張りってやっぱり怖いじゃないですか?

もしかしたら反転せずにそのまま行ってしまう可能性だってあるわけですから。

なので私はいつも逆張り風にしています。

ラインで反転している箇所って、実は短い時間足で見ると、2度3度とラインにタッチしている事が多いです。

むしろ一発で反転するって場合の方が少ないと思います。

FXレンジ3

これは先ほどのオーストラリアドル円の一番右側を15分足で見たチャートですが、赤いラインを2度3度とタッチして反発してますよね。

私の場合は、2度目のタッチの反発を見て、『ああ、まだこれは反転する力が働いているな~』というのが確認できて、少し反転していくのを見てからエントリーしています。

要するにすごい安全策ですw

反転を見てからエントリーしているので、純粋な逆張りではなく、逆張り風と言ったわけです。

まあこれも人それぞれなので、一発でエントリーしても怖くないって人は、そのままエントリーすれば良いですし、あくまで『このような方法もあるよ』程度に思って頂ければ良いです。

で、この水平ラインの2回タッチなんですが、本当に結構見られるんですよね。

FXレンジ入り1

これも一気に下げた後に2度同じ位置で反転しています。

つまり、2度同じ位置で反転したら、一旦は反対方向に相場が動く可能性が高いと言えそうな気がします。

マクドナルドのマークのような波形の形成でしょうか。

いや、その表現はなんかしっくりこないな( ̄(エ) ̄;)う~む

そうそう、おっ〇いだ!Σ( ̄(エ) ̄ )

マクドナルド

こういう波形の形成は、本当にいろんな場面で出てきますし、2度目の反転を待ってのエントリーというのは、かなり勝率が高いので、チャートで探してみるのも良いと思います。

〇っぱいを探すと思えば、探すのも楽しくなってきませんか?w

ということで、今回はレンジ相場とm波形・・・とおかしな考えを書きましたが、少しでもあなたのトレードの参考になったら幸いです。

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ