FX相場の世界観 失敗を活かす FX失敗談

くま考え事


やあやあ、こんにちは。

今度はネパールで大地震ですか。

海で地震が起きると津波が発生し、山で地震が起きると雪崩や土砂崩れが起きる。

都市部は上から何が落っこちてくるかわからない。

絶対安全なんて場所はありませんね。

いざ災害が起こった時の準備は、やはりしておいた方が良さそうです。

今日も東北や北海道の方が30度を超えて暑いという、わけのわからない状態になってますね。

近頃の異常気象は人間がもたらしたものなのか、それとも過去からずっと繰り返されてきた地球のルーティーンなのか、まあ気にしたところですぐにどうこうなる問題では無いんですがね。

結一地球上でこのような問題に対処できるとしたら、人間以外にありません。

ナメクジみたいな生物がすごい知能を持っていて、異常気象の問題を解決してくれるというなら、それはそれで良いんでしょうが、残念ながらそんな事は無いので、知能が発達した人間が地球を守っていくしかないわけです。

いっその事地球が大ピンチになった方が、人間同士纏まって良いかもしれませんね。

テロなんてやってる場合じゃなくなりますから。

とは言っても、『私が生きているうちはそんな事にはなってほしくない』という、図々しい考えが浮かんできますが、まあまあそれはしょうがないことでしょう。

しかし、これから何十年後か何百年後かに起こるであろう地球上生物のピンチに備えて、今からでも何かを残しておくという事はできる気がします。

常に人間の可能性は信じたいですね。

Galaxy

FX失敗談 最大ドローダウン

さて今日は、FXあるあるの失敗談を記事にしてみたいと思います。

今までFXでは、軽いものから重いものまで何度も失敗してきました。

『失敗は成功のもと』、あるいは『失敗は成功の母』などと言いますが、なるほど確かにその通りだと思います。

よく『失敗したら反省しろ』と言われるかもしれませんが、私的にはちょっと違う気がします。

反省したところで同じ失敗しますからね、実際( ̄(エ) ̄;)

感覚的には『失敗を活かす』、よく聞く言葉では『失敗をバネにする』というプラスの感じが出てる方が正しい気がします。

もちろんFXもその意識を持って取り組んでいます。

私のFXでの大きな失敗は、最初の方に集中しているのですが、やっぱり110万を超えるドローダウンをした時でしょうか。

FXを始めて少し経った時に、リーマンショックでスーパードローダウンを食らったんですが、その時は損切りできずに、むしろナンピンするような買い方をしてました。

このナンピンで失敗する投資家は多いですね。

何年か前の事だったか、知人が株を買ってかなり引かされてしまい、専門家に相談したところ、『買い増しして平均コストを下げましょう』と言われ、本当にそうしてしまったらしいのですが(いわゆるナンピン買いですね)、私『そんなに資金があるなんてすごいですね~』と言ったところ、知人『え、そんなに投資できる資金ないですよ』と平然と言われました。

私は『あ、私と同じ失敗をしてるな~』と思い、すぐに株を手放すように言ったのですが、専門家に相談したという事で聞く耳を持ってもらえず、その後に株がさらに下がり・・・あとはご想像の通りです。

ナンピン買いは、物凄く資金に余裕があって、いくら下がっても平気って時にだけ使える方法です。

その場合は、上がってくるまでひたすら待っていれば勝てるわけですから。

ただ、資金が無い場合は単にリスクを増やしただけです。

値が戻れば良いですが、さらにマイナスの方に行けば、被害が拡大するばかりです。

基本的にナンピンが必要という状況は、エントリーの判断が間違ってるって事なので、いくら間違いを正そうとしても、間違いは間違いなんですね。

言ってみれば、間違ったのにいつまでもぐだぐだ言い訳しているようなものです。

間違ったのなら言い訳しないで謝る、相場ではすぐに損切るのがやはりベストでしょう。

言い訳

私も過去にマイナス110万超えという大失敗を犯したわけですが、それをいくら後悔したところで110万が戻ってくるわけではありません。

その失敗をどう活かすのかを考える方が、建設的です。

じゃあどうしたかと言うと、意外と簡単でした。

それ以降、損切りが躊躇なくできるようになったからです。

どうしたと言うよりも、そうなってしまったって感じですねw

110万以上のマイナスに比べれば、20万や30万の損切りなど、どうってことなくなっているからです。

今では損切りも論理的に考えて実行するようになったため、マイナス5万になることもほぼありませんが、その大失敗の経験が活きていることは間違いありません。

失敗は成功の母』・・・つくづくよく言った言葉だと実感する事ができました。

あなたもいつ大きなドローダウンを経験するかわかりません。

あるいはもう経験してしまったかもしれませんが、別に落ち込むことはないですよ。

相場で稼いでいる人は、大抵大きなドローダウンを経験しています。

ほとんどの人が経験している道です。

むしろ成功に一歩近づいたと言えるんじゃないでしょうか。

そのドローダウンに比べれば、多少の損切りなど何てことは無いね( ̄(エ) ̄)y-゚゚゚

俺のターン

FX失敗談 エントリー恐怖症

特大ドローダウンか、連敗か、何らかのきっかけでエントリーが怖くなったって事はありませんか?

私の場合は何連敗か続いた後だったかな( ̄(エ) ̄;)

エントリーしていればほぼ勝てるのに、エントリーできずに機会を逃してしまうという事が続いた時がありました。

じゃあどうやって克服したのかと言うと・・・これも意外と単純でした。

エントリー時のロット数、投入資金額を、マイナスを出してもぜんぜん痛いと感じなくなるくらいまで下げました

それならエントリーできますよね?

負けても別に良いや~って感じなんですから。

あとはトレードしているうちに、プラスになる事を実感した後、徐々に投入資金額を増やしていきました。

小さい額でもプラスになる事が確認できれば、意外と自信になるものです。

ついでにこの時に発見したこともあります。

どうも投入資金額が多すぎたようでした。

これを経験する前は、エントリーした後でもなんか落ち着かなかったり、早利食いをしてしまったりしたのですが、どうやら適切な投入資金額を見つけられたようで、その後はトレード的にも精神的にも比較的安定した状態にする事ができました。

これも怪我の功名と言ったところなんでしょうかね。

 

以上2つの失敗談を紹介しましたが、おそらくですが投資家であれば、かなりの頻度で発生する失敗だと思います。

ですが私の経験から言える事は、何も落ち込むことは無いです。『失敗から成長する事ができる』というのは、どうも間違いない事のようです。

 

bear

人の失敗談というのは、実はかなり参考になる事が多いよ

自分が経験しなくても、それを知る事ができるのだからね

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

FXや先物など、トレードの原理原則を学べる無料メルマガ

手法探しの旅からグルグル回って戻って来れないなら、 みつしろ氏のメルマガを推奨します。 目からウロコのついた魚が飛び出してきます。

濱田大輔氏書籍 『自由な人生を手に入れる教科書』 無料だよ

アフィリエイトで年収一億円を達成した『だいぽん』こと濱田大輔氏の無料書籍です。 興味深い事が書かれているなかなかに面白い書籍です。

オススメFX商材

FXの数少ないオススメ商材。 理解できれば威力はエクスカリバー級。ケーススタディの細かさは圧倒的です。
マーフィー氏所属のエフピーネット有料メルマガ 新イーグルフライ 10日間無料につきお試しあれ

FXの数少ないオススメ商材。 私が一番利益を出し易いと思っているライントレードを教える商材です。

DMM.com証券

マーフィー氏のスーパーボリンジャー、スパンモデルが標準実装されています。

推奨商材

サイト作成に 使うだけでSEO対策が施されています

このページの先頭へ